ヤンゴンの南西にあるPatheinという街へ

時系列的におかしいですが、昨日はPatheinという街に行ってきました。

 

ヤンゴンから南西に140㎞のところのデルタ地帯にある街です。

 

車で片道約5時間です。

 

こちらは日本と違い道のコンディションが悪いため、スピードを出すことができません。

 

日本であれば、この程度の距離なら1時間半で着いてしまうかもしれませんが、こちらではそうはいきません。

 

同行者は2名。

 

その内のお一人がPathein大学で教授をされていた方。

 

朝4時にホテルを出発し、この方の自宅まで迎えに行きました。

 

何と9歳の頃から瞑想を始めて現在70歳。

 

毎日5時間の瞑想が日課だそうです。

 

日本では絶対に出会わないタイプの方です。こういう人に割と簡単にに出会えるのがミャンマーのすごいところ。

 

写真を見てもわかる通り、とにかく明るい。

 

合流した後、早速朝ごはんを食べに行きました。

 

 

向かいの左側はドライバーです。

 

食べたのはミャンマーの朝ごはんの定番、モヒンガです。

 

 

何だかあまりおいしそうに見えませんが(笑)・・・

 

日本のソーメンをスープに入れたような感じです。

 

すごく美味しいということではありませんが、決して不味くはありません。

 

スープはおかわり自由です。

 

全景はこんな感じです。

 

この時点で朝の5時半くらいだったかな。

予定通り5時間かかってPatheinに到着です。

 

こちらは孤児院。

 

お寺が子供らの面倒を見ています。

 

こちらは子供らの寝室です。

 

 

現在、新しい寝室を建設中です(下の写真)。

 

こちらには93名の子どもがいるとのこと。

 

一つのベッドを2人で共有しているのでしょうか。

 

ベッド一つで約6000円程度かかるそうです。

 

ベッド2つ分の寄付をしてきました。

.

 

 

 

こちらがご住職と、この孤児院で一番小さい子。

 

お昼前に到着したのですが、子供はこの子だけでした。

 

他の子供らは学校へ行っているようでした。

 

孤児院を出た後はPathein大学へ。

 

同行者の方はこの大学で数学の先生でした。

 

そして、この後またヤンゴンへ5時間かけて戻ったのでした。

 

ヤンゴンの南西にあるPatheinという街へ” への2件のフィードバック

  1. お帰りなさい!
    昨日(15日)までの3日間、会社の部署のエースが忌引き休暇だったので、読んでいる余裕が有りませんでした。
    本日久しぶりにチェックすると、すごい投稿数!
    喜んで読み出しましたが、そろそろタイムアウトです。
    読み飛ばしたくないので、この章から改めて読ませていただこうと思います。
    では、又。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です