美味いものに国境はない!

数時間前にヤンゴンのホテルにチェックインしました。昨年と同じホテルです。

 

こちらは日本と同様雨期です。ゲリラ豪雨ではなく、降ったり止んだりのはっきりしない天気となっています。

 

現在、こちらは午後6時なのですが、先ほど晩ご飯を食べてきました。

 

ホテルはチャイナタウンにあるので、必然的に中華系レストランが多いです。

 

数分歩いたところにある『おかゆの屋台』で食べてきました。

 

.

 

.

 

 

.

 

 

最初にアヒルのおかゆと魚のサラダを注文して食べていたら、食欲が刺激されたのかお腹が減ってきて、つゆのないヌードルを追加注文しました。

 

アヒルのおかゆには殆どダックは入っていませんでしたが、生卵が入っていました。これが思いのほか美味しくて、「うまいなあ」と自然に口から出ていました(日本語で)。

すると、対面に座っていた男性(相席だった)が「そうだろう~」というような感じで反応してきました(ミャンマー語で)。

 

美味しいものに言葉の壁はありません。何語でも感じは伝わります。

 

すると、どういうわけか、その男性はぼくの分まで全て支払って行ってしまいました。

 

今年一番目のヤンゴンでの食事は、たまたま相席になったミャンマー人の男性にご馳走になってしまいました。

 

ありがとうございました!

 

何だか幸先がいい感じです。

 

追伸;カシューナッツ(タイトル画像)が異様に高い(このサイズで約1000円)。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です