ヤンゴン訪問番外編

おはようございます!昨日は朝セントレアに到着して、そのままオフィスで治療開始。終わったのが午後7時だったので、さすがに疲れました。でも、昨晩しっかり寝たので今日は完全回復です。

 

今回のミャンマーの写真でまだここで掲載していないものがあるので、今朝はそれらをご紹介します。

 

これはチャイナタウンのスーパーのお菓子売り場。よく見ると値札が見えると思います。1000チャットが80円くらいです。日本より若干安いですが、現地の物価を考えるとそれなりに高い印象。

 

これは同じスーパーにあったインスタントラーメン。300チャットなので25円くらい。ぼくは日本でインスタントラーメンを買わないので比較できませんが、日本と似たようなもの?

 

今回滞在したホテルのロビー。最近の定宿になっています。写真だと何だかいい感じに見えますが、実際は大したことありません(笑)。何と言っても、1泊1000円の安宿ですからね。

 

でも部屋はそれなりです。寝るだけなら全く問題ありません。エアコンは効きすぎるくらい効きますし、シャワーもちゃんとあります。

 

今回の難点を一つ上げれば、今回は雨期に行ったからなのか部屋の中にアリが結構いました。11月に来た時はそんなことなかったのですが・・・。

 

ホテルの前の通りにある建物。いい感じに古びています。おそらく、アパートだと思います。

 

これは孤児院で撮ったもの。真ん中で向かい合っている男性は、右側がドライバーで左側が知り合いの親戚の男性。

 

昨年もこの二人と孤児院に来ました。おなじみの面々です。

 

二人が履いているスカートのようなものは、ロンジーと言います。ミャンマー人の普段着です。

 

これも孤児院。左側の女性は住職の妹さん。右側はいつもお世話になっている方。こちらの方は日本にも留学経験があり日本語はペラペラ。

 

住職の妹さんが顔に塗っているのはタナカという日焼け止め。

 

こちらも孤児院。小僧さんたち。昼食前です。

 

食堂をのぞき込む子供。

 

食堂は全員がいっぺんに入ることができないので、2回に分けます。

 

ボールももっていますが、各自がこのようにボールを持ってご飯を受け取ります。

 

 

マンゴー丼。自作なんですけどね(笑)。ご飯にマンゴーを混ぜると美味しいよ、と言われ試してみました。

 

日本人にとってご飯にマンゴーという発想はありませんが、これ意外といけます。ぜひお試しあれ。

 

ショッピングモール内にあるインド料理店。

 

鶏肉のマサラを注文。マサラは日本のインドレストランでは見かけないメニューなので、敢えて注文しました(インドではもちろんあります)。

 

左側にあるのがナンですが、日本のインドレストランで出てくるものをイメージしていたので、若干拍子抜けです。

 

ちなみに、これで16000チャット。つまり1200円。とんでもなく高い!

 

Patheinのお寺(兼孤児院)にて。

 

住職と一緒に食事を摂る寄付者の女性たち。

 

通常、比丘は在家者と一緒に食事することはありません。

 

この写真はRatana Metta Organizationでのもの。

 

手作りの手提げです。手提げを作った人の写真が添えてあります。

 

最終日に空港へ行く前に寄った老人ホーム。

 

立派な門構え。最初お寺かと思いました。

 

以上です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です