チャンミ瞑想センター

11日(月)にチャンミ瞑想センターに行ってきました。

 

瞑想している人なら知る人ぞ知るところです。

 

何度もミャンマーに来ているにも関わらず、今回が初めての訪問です。

 

こちらがセンターの入口。

.

聞いてはいたのですが、交通の激しい通りに面しており、センターの外は騒々しいです。

 

しかし、一旦中に入ると静寂が広がっています。

 

向かいにある建物が事務所です。

 

このセンターには日本からも数名の瞑想者がいます。

 

週に3回インタビューと言って、瞑想指導者に進捗具合を報告することになっています。

 

瞑想指導者はミャンマー人なので日本語は話せません。

 

ぼくがいつもこちらでお世話になっている方は、チャンミ瞑想センターで日本人瞑想者のための通訳をしています。

 

そういうわけで今回こちらに同行することができました。

 

インタビューしている間、瞑想をするつもりでしたが、同席しても良いとのことでそうすることにしました。

 

他人の瞑想の進捗具合を知る機会というのは、日本ではほぼありませんので、大変貴重な機会となりました。

 

感想としては、皆同じようなところでつまづいているんだなあ、ということ。

 

自分のことのようにやり取りを聞くことができ、大変勉強になりました。

 

こちらがインタビューが行われた部屋がある建物。

 

インタビューが終わった後、ブラブラと敷地内を見て回りました。

 

皆さん瞑想中です。

 

ここの瞑想センターは有名なので、世界中から修業をしにやってきます。

 

欧米人も多く、英語が話せる住職もいます。

 

蚊がいるので、蚊帳の中で座る瞑想をしています。

 

立っている人は歩行瞑想中。

 

今回の大きな収穫は、日本人瞑想者のインタビューが始まる前に、こちらの瞑想指導者の方とお話できたことです(英語が話せる指導者でした)。

 

医学に関して英語で話すことはありますが、瞑想に関して英語でお話したのは初めてです。

 

ただ瞑想関連の英語の本を読んだことがあったので、おおよそ理解できました。

 

15分くらい時間があったので、かなり突っ込んだこともお聞きすることができました。

 

もちろん、瞑想法に関する質問です(心の振る舞いのことなので、なかなか表現に苦労しましたが)。

 

18年ほど瞑想をしてきましたが、知らないことばかりでした。

 

このようなことは、やはり長年瞑想してきた人でないとわからないことです。

 

チャンミのシステムは本当に素晴らしいです。

 

このようなインタビューが週3回もあるのですから。

 

少なくとも年に1度はこのような機会を作っていこうと思いました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です